2010年05月06日

鎮魂歌A〜スロット5号機〜

今まで最大にお世話になり、出玉数も多かったのが銀座の「リングにかけろ」である。
ビッグボーナス、レギュラーボーナス時にはRT100ゲーム確定。
さらに同色ビッグボーナスだとRTが200ゲーム確定。
逆押しすべりに一喜一憂していた。
多分ゲーム感覚でギャンブルをし、日常では味わえない、生命には関わらないドキドキのあじをここでしめていったと思う。

アルゼの「緑ドン」
4号機にもひけをとらない爆発力と回収力がうり。
絶望に立たされたり出玉の波に酔いしれたり。
次第に人生の大切なドラマをここにもとめていってしまった。

アルゼの「銀河英雄伝説」
GSR連荘の音と衝撃はAT機を彷彿させる。
緑ドン以上に波の荒い機種であったが、自分のスロット力のなさにひきだけの限界を教えてくれた。
posted by ライフ at 02:31| Comment(0) | 鎮魂歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎮魂歌@〜スロット四号機〜

鎮魂歌としていままではまった台をここに記し、別れを告げる。

初めてはまった台は大都技研の「押忍!!番長」である。
なにもわからずに初めて数千円が数万円に膨れ上がった衝撃が今でも残っている。

当時吉宗や北斗と比べ、いい評価は受けていなかったがその2機種が撤去されてからはホールで完全な主役であった。

次にRODEOの「俺の空」である。
当時、もう撤去寸前にやりだした台である。
3リプ俺タイム抽選、4リプボーナス確定5リプスーパー俺モード突入と、わかりやすいキャッチフレーズが何もわからない自分には合っていた。
思い返すと今まで設定判別とか器械の詳細とか、理論の部分が欠けていた。
これまでほぼ自分のひきでギャンブルをやってきた。
とこれを書いていて思った。
posted by ライフ at 02:19| Comment(0) | 鎮魂歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

序章

大学卒業してから早数年。
自分のプライドから就職することができず、プライドをも裏切ってきた生活。
その生活の大半を占めているのがパチンコ・スロットである。

もともと多少はやっていたがそれが趣味の領域を超えていった。
最初は千円勝つだけで大喜び。
次第に味をしめたらそれでは満足いかなくなり、どんどん勝ち額を増やしたいという欲求がでてくる。
すると投資額も増えていき、負け額も多くなる。
さらにさらにという欲求を否定しないが、身の程を知らないといけないのだろう。


そういったことをきずいていても、胸に抱えてもまたギャンブルに繰り出し、明け暮れてしまう。。

そんな自分を少しでも変えられたらいいなという思いで脱ギャンブル日記を書いていきたいと思う。
posted by ライフ at 02:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。